福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

インスリン抵抗性

インスリン抵抗性について

インスリンとは膵臓から出されるホルモンで、血液中の糖分を肝臓に運ぶ働きがあります。その結果、血糖値が下がります。

肝臓に運ばれた糖分は肝臓に貯蔵され、各細胞への栄養源となります。

ご飯を食べると、消化吸収され、血液中の糖分量が増えます。増えるとインスリンが活動し、糖を肝臓に運び、血糖を下げます。

常にご飯をたくさん食べ、常に血糖が高いとインスリンは多量に出されます。すると、各細胞は常に出されているインスリンに対し、慣れを感じます。

慣れを感じるということは、いつもの量では血液中の糖を吸収できなくなり、より多くのインスリンを必要とします。

これがインスリン抵抗性になります。

インスリン抵抗性になると、通常の量では足らなくなるので、膵臓がインスリンを多量に分泌します。やがて、膵臓は疲弊し、インスリン分泌量が低下します。

インスリン抵抗性になると、血糖が下がらなくなります。血糖が下がらないということは、血糖を肝臓に運べず、各細胞への栄養が絶たれ、細胞の働きが悪くなります。

インスリン抵抗性と不妊

インスリン抵抗性が大きく関わるのが、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)です。しばしば、インスリン抵抗性と合併を起こします。

肥満になるとインスリン抵抗性が上がります。インスリン抵抗性が上がると、副腎からのアンドロゲン(男性ホルモン)の産生を増やします。

その結果、卵胞の発育障害月経異常男性化徴候LH過多によるアンドロゲン産生増加という現象が起こります。

上記の症状が出現すると妊娠しにくくなります。

そのため、運動や減量を行い、インスリン抵抗性を下げる必要があります。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.