福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

エストロジェン(卵胞ホルモン)

  • HOME »
  • 婦人科 »
  • エストロジェン(卵胞ホルモン)

エストロジェン(卵胞ホルモン)について

エストロジェン(エストロゲン)とは妊娠準備を行うホルモンになります。エストロジェンは卵胞ホルモンともいわれる女性ホルモンの一種で、卵巣で脂質(コレステロール)から作られるステロイドホルモンです。

【作 用】
・卵胞の発育を促す
・卵管の運動を高め、卵子を子宮腔へ運ぶ
・子宮内膜と膣上皮の増殖を促す
・乳腺の発育促進
・女性の二次性徴の発現(乳房の発達、骨格の女性化、皮下脂肪沈着)
・性欲亢進

【分泌調整】
・FSH(卵胞刺激ホルモン)により、エストロジェンの分泌増加
・LH(黄体形成ホルモン)により、エストロジェンの分泌調整

エストロジェンは、月経が始まると下垂体からのFSH(卵胞刺激ホルモン)の影響により、徐々の分泌量が増えていきます。分泌されたエストロジェンにより、子宮内膜が肥厚し、妊娠の準備をしていきます。そして、排卵前の時に一番分泌量が増えます。その後、LH(黄体形成ホルモン)により、排卵が起こると多少波はあるものの、少しずつ分泌量が減っていき、月経が始まります。月経では、肥厚した子宮内膜が剥がれ落ち、排泄されるものになります。

上記にも記載したとおり、エストロジェンは妊娠準備を行うホルモンの為、分泌が不足または過多の場合、不妊症につながります。

検査数値についてはこちらをご覧ください。 ➡ ホルモン検査値

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.