福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

プロジェステロン(黄体ホルモン)

  • HOME »
  • 婦人科 »
  • プロジェステロン(黄体ホルモン)

プロジェステロン(黄体ホルモン)について

プロジェステロン(プロゲステロン)は妊娠維持を行うホルモンになります。プロジェステロンは黄体ホルモンともいわれる女性ホルモンの一種で、卵巣で脂質(コレステロール)から作られるステロイドホルモンです。

【作 用】
・受精卵を着床しやすくするため、子宮内膜の腺分泌亢進
・妊娠維持
・乳腺の発育
・排卵抑制
・体温上昇

【分泌調整】
・LH(黄体形成ホルモン)により、プロジェステロンの分泌増加

月経が始まるとエストロジェンの分泌は増加するが、プロジェステロンの分泌量は排卵前まで、分泌量は変わりません。月経が14日くらい過ぎたところで、下垂体からLH(黄体形成ホルモン)が分泌量が一過性に急増します。LHは排卵を促し、ここで排卵が起こります。LHの分泌量が増えたことにより、卵巣が感知してプロジェステロンの分泌量を増やしていきます。プロジェステロンは妊娠を維持するためのホルモンの為、体温を高めていき、次の排卵を抑制します。ここで、妊娠したらそのまま、プロジェステロンの分泌は続きますが、着床がみられないと、次第にプロジェステロンの分泌が減少していき、次の排卵が起こるようになります。

検査数値についてはこちらをご覧ください。 ➡ ホルモン検査値

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.