福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

子宮内膜症

子宮内膜症について

子宮内膜症とは、子宮内膜や骨盤内の内臓に子宮内膜に似た組織が増殖する疾患です。ちなみに子宮内膜とは生理のときに剥がれ落ち、受精した場合は受精卵が着床する場所(赤ちゃんのベッド)です。

原因としては、子宮内膜移植説や体腔上皮化生説といった説が有力ですが、未だはっきりとした原因はわかってはいません。

通常、子宮内膜はエストロジェン等の作用により、膣の中で肥厚したり、剥がれ落ちたりします。しかし、子宮内膜症の場合、子宮内膜に似た組織が骨盤内の内臓の中にあり、エストロジェンに反応します。反応した結果、膣やその組織が存在する場所で、増殖したり剥がれ落ちたりします。通常の月経は子宮内膜が剥がれ落ちた場合、膣をとおり体外へ排泄されますが、子宮内膜症の場合、体外へ排泄される場所がありません。そのため、剥がれ落ちた子宮内膜似組織はその場に溜まっていきます。これをチョコレート嚢胞といいます。

子宮内膜症の症状としては、腹痛や月経痛不妊といったものになります。気になる方がいれば、一度婦人科の受診をお勧めします。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.