福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

子宮腺筋症

子宮腺筋症について

子宮腺筋症とは、子宮の筋層に子宮内膜様組織が増殖し、炎症を起こす疾患になります。もっとわかりやすく言いますと、子宮内膜症が子宮の筋肉の中におこる病気になります。

原因は、未だはっきりとはわかってはいません。
しかし、30~40歳代の経産婦や人工中絶等の子宮内操作を行った場合に発症するケースが多いため、分娩や子宮内操作を行った際に、筋層に子宮内膜様組織が侵入するのが原因とも考えられています。

子宮内膜症は20~30歳代に多いのに対し、子宮腺筋症は30~40歳代に好発します。
症状は生理痛や出血量が増えたり、生理期間が長くなったり、不妊の原因になったりします。

生理を重ねるごとに、生理痛が強くなっていく特徴があります。また、子宮内膜症より生理痛が強いです。

治療法としては、症状の程度や年齢、赤ちゃんの希望等により選択します。

大きくは薬物療法と手術療法になります。完全に治すには手術しかありません。手術では部分切除と子宮全摘出があり、赤ちゃんを希望する方は薬物や部分摘出を行うのが一般的です。

さて、鍼灸でも子宮腺筋症を完全に治すことは厳しいです。

では鍼灸ではなにができるでしょうか?

それは、生理痛の軽減や月経不順といった症状を緩和することができます。
筋層にある子宮内膜様組織をどうこうすることはできませんが、それによって起こる症状はコントロールできます。
コントロールすることにより、日々の生活の質をあげたり、不妊の治療にもつながっていきます。

子宮腺筋症の不妊に対する治療法はこちらをご覧ください。 ➡ 不妊症

 

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.