福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

ゴナドトロピン療法

作用機序

ゴナドトロピン療法では、卵胞刺激ホルモン(FSH)製剤やヒト閉経期性腺刺激ホルモン(hMG)製剤により、卵胞の発育を促進させ、黄体形成ホルモン(LH)の作用のあるヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)を投与し、排卵を誘発させます。卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの働きはこちらでご確認下さい。

適応

第1度無月経、第2度無月経、希発月経、無排卵周期症(クロミフェンが無効の場合)、特発性低ゴナドトロピン性性腺機能低下症、シーハン症候群、単純性体重減少性無月経、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、肥満を伴う排卵障害

製剤

卵胞刺激ホルモン製剤

ゴナピュール、フェリルモン、フォリスチム、ゴナールエフ

ヒト閉経期性腺刺激ホルモン製剤

HMG注テイゾー、HMG注「フェリング」、HMG注「TYK」、HMG筋注用「F」

 

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.