福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

オスグット病

オスグット病について

オスグット病とは、脛骨上部(脛骨粗面)に発生する膝の骨端症になります。

成長期における膝の過使用によっておこります。膝関節を伸ばす筋肉は大腿四頭筋という筋肉で、膝の下の脛骨という骨に付着します。膝の過使用により大腿四頭筋が収縮し、付着している脛骨を牽引します。この牽引により、付着部の骨端軟骨が剥がれ、炎症が起き、痛みや腫れといった症状が出現します。

過使用だけでなく、成長期における急激な骨成長により、大腿四頭筋の緊張が強くなります。また、O脚やX脚、回内足といった下肢のアライメント(関節異常)異常をおこし、さらに大腿四頭筋の緊張が強くなります。その結果、付着部に負担がかかり、オスグット病になります。

症状は成長とともに、消失していきます。

鍼灸での治療法

まずは、生活指導が重要になってきます。
痛みや炎症が強い場合は、安静にしてください。しかし、思春期なので運動したい気持ちもわかるのですが、使用しながら痛みをとるというのは困難になります。

痛みが軽度の場合、脛骨粗面部(膝蓋腱の下)にオスグットバンドやテーピングを行い、付着部にかかる負担を軽減させて下さい。

鍼灸での治療では、消炎鎮痛を目的とします。脛骨粗面や疼痛部へ刺鍼します。また、大腿四頭筋の緊張が強い場合が多いので、大腿四頭筋にも鍼を行います。また、温灸を行うことにより、脛骨粗面の修復を促進します。

鍼灸治療を併用しながら、大腿四頭筋のストレッチやアイシングを行います。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.