福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

野球肘

野球肘について

野球肘とは、野球の投球動作に起因する肘関節の障害の総称です。投球動作は、肘の屈伸動作だけではなく、ひねりの動作も加わります。

野球の投球相は①ワインドアップ期、②コッキング期、③加速期、④リリース期、⑤フォロースルー期の5つにわけられ、それぞれの相で障害しやすいものが変わってきます。

①ワインドアップ期

投球動作に入る前の動きで、肘関節を痛めることはありません。

②コッキング期

この動作は、肘の内側の筋や腱が引き伸ばされるため前腕内側部に負担がかかります。

③加速期

肘が外反位(外にそる)をとるため、その腕を内側に引こうと力が働くため、さらに肘内側に負担がかかります。一方、外側の骨、軟骨には圧迫力や回旋力が加わるため、肘外側部にも負担がかかります。

④リリース期

肘後部の筋・腱は最大伸展から急激に収縮するため腕の後面に負担がかかります。

⑤フォロースルー期

肘が過伸展するため、上腕三頭筋炎や肘頭骨端核異常が発症します。

これらの動作により、肘に負担がかかり続けると、肘内側では内側側副靭帯損傷や上腕骨内側上顆炎が起こり、肘外側では骨同士のぶつかりにより、離断性骨軟骨炎や関節内遊離体(関節ねずみ)が生じます。

 

鍼灸での治療

まずは、症状・検査から内側型・外側型・後面型に分類します。

内側型

前腕屈筋や回内筋、尺側手根屈筋、長掌筋といった筋肉の過緊張緩和を行います。

外側型

前腕伸筋や回外筋、尺側手根伸筋、総指伸筋といった筋肉の過緊張緩和を行います。

後面型

上腕三頭筋等の過緊張緩和を行っていきます。

その他にも、場合により練習の制限も行っていきます。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.