福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

野球肩

野球肩について

野球肩は、野球動作に起因する肩関節の障害の総称です。野球のオーバースローによる投球動作は、烏口肩峰アーチというところに上腕骨頭が衝突(インピンジメント)し、周囲の回旋腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)や肩峰下滑液包や上腕二頭筋に障害をもたらします。

野球の投球相は①ワインドアップ期、②コッキング期、③加速期、④リリース期、⑤フォロースルー期の5つにわけられ、それぞれの相で障害しやすいものが変わってきます。

 

①ワインドアップ期

投球動作に入る前の動きで、肩関節の動きはありません。その為、肩関節を痛めることはありません。

②コッキング期

非投球側の手がボールから離れ、投球側の肩が外転、外旋、伸展するまでの動きになります。この動作は、烏口肩峰アーチでのインピンジメントにより、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎を発症しやすくなります。

③加速期

肩から急激に内転、内旋しボールが手から離れるまでの動きをいいます。動きが速く、肩関節を内転・内旋させる筋肉が強く収縮するために、上腕骨頭の不安定が生じる場合があります。不安定が生じた場合は、烏口肩峰アーチでのインピンジメントにより、腱板炎、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎を発症しやすくなります。

④リリース期

ボールが離れた後に上腕骨頭が肩甲関節窩(関節面)から離れないように急激に減速されます。その為、棘下筋腱板炎や腱板不全断裂、後方関節唇の損傷を発症しやすくなります。小児においては上腕骨近位骨端線離解等を発症しやすくなります。

⑤フォロースルー期

ボールを投げ終えて投球動作を終わるまでの動作になります。ここでは、上腕三頭筋腱、後方の関節唇や関節包を損傷しやすくなります。

 

鍼灸での治療法

まずは、症状が出た場合、投球を一時休止させて下さい。その間に痛みの治療を進めていきます。一般的には短期間の非ステロイド性抗炎症薬の投与や温熱療法、ストレッチ、筋力訓練等が行われます。これらの治療で改善しない場合は、手術が行われる場合もあります。

鍼灸治療の場合、まずは原因部位の特定を行います。棘上筋なら棘上筋を、上腕二頭筋なら上腕二頭筋を施術します。鍼や灸を行うことにより、炎症を抑え痛みを和らげていきます。

 

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.