福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)

  • HOME »
  • 適応疾患 »
  • 顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)

顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)について

顔面神経麻痺とは、突然に発症する表情筋の麻痺で、閉眼不能や摂食困難といった日常生活のほか、美容においても支障になっています。

顔面神経麻痺は、障害部位において2つに分類されています。中枢性のものと末梢性のものです。中枢性は脳の障害や髄膜炎により起こるものがほとんどですが、末梢性の70%はベル麻痺で、次いでハント症候群が10~15%を占めます。

中枢性の顔面麻痺の症状として、顔の上部の表情筋はほとんど障害されませんが、下半分の表情筋や頸部の筋は障害がでます。脳血管障害脳腫瘍髄膜炎等が関与しており、顔面神経麻痺だけではなく、構音障害(うまく話せないこと)片麻痺動眼神経麻痺(物が二重に見えたりする)を併発する場合が多いです。

ベル麻痺は、ウィルスにより急性に発症する一側性の全表情筋麻痺です、中枢神経の障害や耳疾患による症状がなく、明らかな原因がないものになります。関与が考えられるウィルスとして、水痘帯状疱疹ウィルス、サイトメガロウィルス、EBウィルス、アデノウィルス、インフルエンザウィルスと様々いますが、確実に関与しているのは単純ヘルペスウィルスです。症状としては、額のしわの消失、閉眼不全、鼻唇溝消失、口角下垂等です。

ハント症候群は、水痘帯状疱疹ウィルスが原因とされています。乳幼児期から学童期に初感染することが多く、飛沫(つばや唾液等)感染します。感染後、顔面神経に潜んでいます。そして、ウィルスが再活性することにより、顔面神経麻痺が発症します。症状としては、耳や耳周囲の帯状疱疹、末梢神経顔面麻痺、耳鳴り・難聴・めまいの3徴候です。

 

鍼灸での治療法

一般的な治療において、大きく保存療法と外科療法に分類されます。

保存療法
・薬物療法(ステロイドや抗ウィルス薬)
・星状神経節ブロック
・理学療法
・鍼灸

外科療法
・顔面神経に対し手術

鍼灸では、これまでに数々の治効例が報告されています。
顔面神経の走行に対し、鍼を刺していきます。その結果、血管拡張、血流改善に加え神経機能を興奮させ、麻痺を改善させていきます。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.