福島県郡山市で土日診療/予約制/不妊治療/美容/女性のための鍼灸院

内臓の血流に及ぼす効果

内臓の血流に及ぼす効果について

心臓から送り出される血液は、血管をとおり全身の臓器へ送らせますが、各臓器の血流量は一様ではありません。その臓器が持つ固有の機能により血流量が変化してきます。まずは、各臓器の血液の循環について説明します。

心臓は、全身に血液を送るポンプの役割を果たしているが、当然心臓も血液により栄養されている。心臓を栄養する冠状動脈が狭窄し、血流量が減ると狭心症の状態に陥ります。さらに、血流が減り、心筋の細胞が壊死すると心筋梗塞の状態になります。

肺は心臓の右心室というところから出された血液を受け取り、肺胞で酸素と二酸化炭素を交換し、心臓の左心房へ戻し、全身へ新鮮な血液を送ります。肺は、全身へ送る血液とは別に、酸素を含んだ血液を心臓から再びもらいます。その血液で、気管支や胸膜は栄養されています。

胃、肝臓、脾臓、小腸、すい臓、大腸、腎臓等の血液は腹部からの血管から供給さています。

血液循環の調整は、心臓から送り出される血液量動脈を流れる血液量で調整します。心臓から送られる血液量が少なければ増やそうとするし、その逆でもあります。動脈の中を流れる血液量が多ければ血液量を減らし、その逆もあります。このように血液を調整しています。そして、これらの調節には各臓器の自己調節ホルモン等が関係してきます。

鍼灸刺激が皮膚や筋への血流の影響に対する研究に比べ、内臓については研究があまり多くなく、これから研究が必要です。しかし、一部の報告では、足三里というツボを鍼で刺激することにより、腎臓の血流量が変化し血圧の変動がみられました。また、内関というツボを鍼で刺激したことにより、心筋の収縮性に対する影響がでました。

このように鍼は内臓へ対して、なんらかな影響を与えます。しかし、研究が不十分なため、科学的には証明されていません。しかし、ここからは私の考えですが、鍼刺激を行うことにより、体が今自分に必要なことを選択的にとられていると思います。これは、前述した鍼を刺すことにより、血圧が上がったり、下がったりしたという実験を表わしているのかな思います。元々、体は自分で内部環境をコントロールしています。それが、なんらかのきっかけにより、異常な状態に陥っています。その為、鍼という刺激を体が受け取り、その刺激により体は一時的にでもコントロールを取り戻しているのではないでしょうか。

時間外でも受け付けられる場合があります。 TEL 050-3690-1128 10:00~19:00(受付 18:30迄)要予約

PAGETOP
Copyright © libera-リベラ- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.